注意点を確認する

高層ビルと空

賃貸管理の代行業者

不動産投資を行う上では、土地や建物の価格だけではなく賃貸管理にかかる費用についても考慮する必要があります。賃貸管理にかかる費用としては、建物の修繕費用や管理費用、空室になった場合の入居者の募集等にかかる費用などがあります。 これらの賃貸管理について、決められた金額内で管理の代行を行っている業者があります。管理の代行については、月々3000円から10000円ほどの金額で提供されていることが多いです。空室の際の家賃の負担は、管理の業者ではなく不動産の所有者が負担することになります。不動産投資を副業として考えている人の中では、不動産の管理に手間をかけれないという人が多いため、管理を代行する業者を利用することが多いです。

収入と費用

これまでは、不動産の投資による利益を主な収入源とする不動産投資ファンドによる投資が多かったですが、最近では一般投資家による副業としての不動産投資が増えてきています。インターネットの普及により、不動産投資に関する情報が多く提供されるようになったことが一因として考えられます。 一般投資家による不動産投資が増えてきていますが、不動産投資は投資金額が大きくなるためリスクへの配慮が重要です。不動産投資の収集源は毎月の家賃収入ですが、ローンを組んで購入をする場合には、家賃収入からローンの返済額と賃貸管理にかかる費用を引いた上で収入を計算する必要があります。ローンの返済にあたっては、金利の変動の可能性があるため期間には注意か必要です。